肌のしくみについて?

美しく健やかな肌を保つために欠かすことのできない毎日のスキンケアですが、自分のスキンケアの方法がほんとうに正しいのかどうか、もっと肌に効果のあるケアの方法が知りたいという方も多いのではないでしょうか。

多種多様にある化粧品の中から、どの商品が自分に合っているのか、何種類くらい必要なのか、どの部分にどの化粧品を使えばいいのか、またその順番は・・・など、自分にぴったりのお手入れの方法を見つけるためには、肌のしくみについて知っておくことが大切です。

まず、皮膚の表面を覆って肌を保護しているのが「表皮」です。
表皮は外部の刺激から肌を守るとともに、肌の潤いを保つ働きをしています。
表皮の下には「真皮」があり、肌の弾力やはりを保っています。
成分はコラーゲンが約70%を占めています。
コラーゲンは繊維状の弾力のある成分で、真皮の中に網目状に存在し、それをエラスチンという成分が支え、その隙間をヒアルロン酸が埋め尽くすことで肌の弾力をたもっています。
真皮の下にはおもに脂肪からなる「皮下組織」があり、表皮と真皮の支えとなっています。

さらに「表皮」について詳しく見ていくと4つの層に分かれていて、その中でも特にスキンケアのポイントとなるのが一番側の「角質層」です。
角質層の厚さはわずかに0.02mmほどで、その内部に水分を保ちつつ体外からの刺激をバリアする働きをしています。
そして絶えず新しい組織に入れ替わることによって、肌を健やかに保っています。

Copyright © 2014 お手入れの基本 All Rights Reserved.