株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目

家具の耐えられない軽さ > 注目 > 株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目

株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目

2015年9月11日(金曜日) テーマ:注目
株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目は、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が暇な状態になっている時なのです。
こういう時期では、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置状態なので、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと思うためです。



株を所持している場合、自分の資金への利回りを意識してしまうと思います。銀行に預けてもさほど利息がつかない現在では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りが悪くては投資の意味がありません。きちんと利回りを意識しながら投資を行っていくのが重要です。
よく誤解されることもあるようですが、円安とは円の持つ価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることなのです。円安の状態がつづくと、株の価格が上がりやすくなる傾向にあります。

輸入により商売をしている企業の場合には輸入コストが高くついてしまい収益が減ってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。

多くの人がそうだと思うのですが、私は株を開始したころ、初心者でチャートをどうやって読んだらいいのか、把握できませんでした。現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。
でも、今でも時々は間違えてしまう時もあります。株を買うことにおいて、時間が取れるということは大事な要素です。

日本で一番大きい市場である東証が開いている時間は午前9時から午後3時の間ですから、より良い値段で株式を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。


この点、主婦の方というのは、ビギナーであっても有利な立場で株への出資が可能だと言えるでしょう。


株式投資を始める際は、いくら価格の変動がはげしいからといっても、出来高が小さい小型株式を購入することは、推奨できません。


その理由は、いつも出来高の少ない株式は保有している株式を売却したい値で売ることができないからです。

株を始めたばかりの人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、資金を投入します。
経験を積んで、徐々に知っている会社の数を増やすことで、自分で利益が得られると思える銘柄を発掘することにつながるのだと思います。


私はつい最近、株式投資を始めたばかりのビギナーです。株を取得し、ある程度得したら、すぐに売るべきなのか、逆に、長期保有した方が利得になるのかが理解できず、未だに悩んでいます。長く手元に置いていると、優待などもありますし、苦悩するところです。株への投資にはリスクがあります。ですから、株の売買が初めての場合は、まず投資信託で資産の運用を考えるのも無難だと言えます。

投資信託はプロの投資家が期待できる投資先に幅広くバランスよく分散して投資するので、安全で初心者に適した運用法のひとつとされます。
株の初心者が最初から難しい売買をすることは避けた方が身のためです。例えば、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りとは売りから始めるという信用取引です。

空売りであれば株価が下落した際にも利益を出せる可能性があります。
しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買に十分慣れてきてから行うべきといえるのです。

酵素ドリンク 販売店

関連記事

いろいろある家出の理由

いろいろある家出の理由

2015年11月19日(木曜日)

株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目

株を始めたばかりの方が株式投資をする狙い目

2015年9月11日(金曜日)

フラッシュモブで出来る事を知りたいので

フラッシュモブで出来る事を知りたいので

2015年7月29日(水曜日)

フラッシュモブで結婚式サプライズを実現

フラッシュモブで結婚式サプライズを実現

2015年7月17日(金曜日)

祝い金ありの看護師求人サイト

祝い金ありの看護師求人サイト

2015年7月10日(金曜日)