学習塾の夏期講習の効果的な使い方

家具の耐えられない軽さ > > 学習塾の夏期講習の効果的な使い方

学習塾の夏期講習の効果的な使い方

2017年9月13日(水曜日) テーマ:

学習塾の夏期講習も終盤に差し掛かってきている。この夏から初めて塾の夏期講習に通わせたという保護者の方も多いだろう。学習塾によって夏期講習の料金はかなり違う。新規生を獲得するためにかなり低料金もしくは無料にしているところもあれば、学習塾も稼ぎ時ということもあり、それなりの料金設定にしている塾もある。通わせた効果があったかどうかはこれからのテストの点数に現れてくる。その時に本当に夏期講習に通わせた甲斐があったかどうかが分かる。もし、甲斐がないような結果が出てしまった場合に、これから書く夏期講習の効果的な使い方を思い出して、同じ轍を踏まないようにしてほしい。まずお子様のレベルを考える必要がある。1学期の内容というのは各学年の基礎の内容を学習している。つまり1学期の授業内容が理解できていなければ2学期は当然に勉強についていけない。1学期の授業内容についていけなかった場合、夏期講習は個別の塾に通わせるべきである。どこでつまずいているのか、直接見てもらうことで、改善がスムーズに行くからである。個別の塾の夏期講習は一般的にかなり高額なこともあるが、中には無料でかなりの回数を行ってくれる塾もある。しっかりと探し出して通わせる方がいい。そして1学期の内容が理解できている子は集団塾でも個別の塾でもいい。しかし、どちらにせよ、先の内容あるいは発展的内容をやってくれる塾の方がいい。例えば集団塾の多くはレベル分けでクラスが決まっている。トップレベルともあれば、受験問題を中心とした学習になるので、解くレベルも難しいので、成績アップにつながる。個別でも同様の対応ができるし、2学期の予習を進めるようにしても子どもにとっては能力があがる。塾は賢く使うものである。まずは塾長の方針をよく聞いて、子どもにあるかどうか検討するようにしよう。

早稲田アカデミーの口コミ・評判は良いの?